[PR] 即日融資 +密室ミカエリス
» HOME  » ALL ENTRY  » RSS  » ADMIN

AUTHOR

和規

■Author:和規
◇BUCK-TICKが好きで、毎日聴いても飽きない。
◇櫻井敦司が大好きであります(敬礼)
◇一歩間違わなくても変人らしい。
◇誕生日がアニイと2日違いの年女+10。
◇面白ければ何でもいい精神です。
◇ネタはネタとして頂きます。



【櫻井敦司バトン】を作ってみたよ。


Twitterを始めたよ。

ENTRY

COMMENT

CATEGORY

ARCIVE

Blog People


BUCK-TICK TrackbackPeople

LINK

Anoter Links

  

dot1 dot1

listスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

コメント投稿フォーム

COMMENT:


NAME:

SUBJECT:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot1 dot1
dot1 dot1
dot1 dot1
dot1 dot1

list魍魎の匣を観てきました。

ジーンズ穿いて正座は辛いですよねー。(必然的にPC前では正座)

そんなわけで魍魎の匣を観てきました。
Yと共に昼前に出発し、13時からのを観ました。
当日券で行ったのですけど、会計をしてくださった方がおつりを間違えた事に私が気づきませんでした。
正確にはおかしい気がしたけど、考えるのが面倒だっただけです。(おい)
お客さんの入りは満員御礼とは言えませんでしたが、ゆったり観れたのでヨシ。
とりあえず、予告が長いよ・・・。
流れた予告でちょっと観たいなって思ったのが、はちみつのアニメの映画とかね。
それ以外は別に興味をそそられる事もなく。
いや、ぶっちゃけはちみつのやつもそれ程、興味はないのですが。

で、まぁ、一応、観ましたので感想なりを書こうかと思います。
ネタバレも含むかもしれませんので、観ようと思っている方は回避の方向で。
*
で、心配していた前作・姑獲鳥の夏のように1時間で飽きないかと心配してたのですが。
・・・一応、飽きませんでしたよ・・・えぇ、一応。
なんというか、やはり原作を読んでいないと分からない部分は多いなぁと思いました。
2時間15分という時間の中で、原作の内容をすべて詰め込むには無理があるというのは承知ですが。
あと時間の都合上で、話の流れが変わっているので、原作が大好きな方にはオススメはあまり出来ない気もします。
というか、あれを完全に別物と考えるのも、ちょっと難しい気がするのですよね。
いや、いっその事、別物と考えた方が楽しめるものだとは思うのですが。
それと、これは観ていて非常に違和感と言うか、そこは不可侵にするべきだろと思った事があるのですけども。
明らかに登場人物の性格が変わってます。
むしろ、主要メンバーは変わっている。
木場修だけは微妙に変わってない気もしましたが、木場修の出番はあまりなかったので、分からなかっただけかもしれません。
というか・・・魍魎は木場修の話だろ・・・。(と言っても過言ではない気がする)
いや、原作のあの暑苦しいまでの木場修が前面に出てなかったのは、そこが苦手な私としては助かったのですけど、だからって榎木津を前面に出されましても。
それにしても・・・関口は俳優さんも代わったから、違ってくるのはわかってましたけど。
むしろ、あの外見からして違っているというのは分かってましたけど!
・・・どう考えても、性格明るすぎだろ・・・・・・。
というか、もう、普通のサラリーマンにしか見えなかった・・・。
なんなんだろうか、あの意気揚々に喋る関口は・・・。
それに加え、なんだ、あの人間味溢れる京極堂は。
一瞬、「どこのどいつだ、これは」と思った程でしたよ。
いや、まぁ、別にそれはそれで面白かったと言えば面白かったけども。
というか、全体的に散りばめられた笑いはなんだったのだろうか。
作品の重苦しい雰囲気を緩和するためだったのだろうか。
中途半端に入れるなら、いっその事、入れなかった方がよかったと思うのだけどなぁ。
特に、最後のが、最後のが、正直イラッときた。

なんというか、意外と研究所がデカイとか、内部構造が複雑すぎてないかとか、その着物はいるのかとか、そんな事ばっか考えてました。
あと、話の都合上、致し方ないとは言え、美馬坂研究所の事は京極堂から言ってほしかった・・・。
そこは・・・そこは、京極堂から言ってほしかったんだ・・・。
というか、何故にそこまで関口君が働いているんだね?
まぁ・・・仕方ないんだけど、仕方ないんだけどなぁぁああああ!!!
とりあえず、加菜子が入っている箱はその大きさじゃ無理だと思うんだ。
というか、木箱て。

まぁ、そんな感想なんですが。
良い所もあったんですよ、加菜子の友達(名前忘れた)が榎木津を助けるところとか。
意外と宮藤さんの久保もそれなりに良かったと思います。
・・・原作からイメージする久保とは大きく違いますけど。
それでも、なんというか、不気味さは出てた。
でも、観終えてから思ったのですけど、姑獲鳥は良かったんだなぁって思いました。
姑獲鳥の方が原作のイメージは近い気がします。
そんな感じですので、原作を読んでからの方が、話の内容は分かりますが、原作とは大きく違うという事だけは頭に置いておいた方がいいかと。
あと、姑獲鳥の時と舞台設定が変わってるので、ん?と思われる方もいるかもしれません。
薔薇十字社ってビルの中にあったよね・・・・・・。
というか、京極堂が神主やってる神社、あんなに立派だったのかよ・・・。
つか、そこどこだよ・・・。(言っちゃダメだ)
まぁ、監督さんが違えば細かな所は違ってくるものでしょうけど。
ぶっちゃけ、姑獲鳥より後の時間のはずなのに、それより前の年代に思えるのは何故なんだぜ・・・。
とか、そんな事を言ってたらキリがないのでお終いにします。
とりあえず、1,800円は高いなぁと思った。(うわー)
映画・アニメ12.23(Sun)01:33コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

コメント投稿フォーム

COMMENT:


NAME:

SUBJECT:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot1 dot1
dot1 dot1
dot1 dot1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。