[PR] 即日融資 +密室ミカエリス
» HOME  » ALL ENTRY  » RSS  » ADMIN

AUTHOR

和規

■Author:和規
◇BUCK-TICKが好きで、毎日聴いても飽きない。
◇櫻井敦司が大好きであります(敬礼)
◇一歩間違わなくても変人らしい。
◇誕生日がアニイと2日違いの年女+10。
◇面白ければ何でもいい精神です。
◇ネタはネタとして頂きます。



【櫻井敦司バトン】を作ってみたよ。


Twitterを始めたよ。

ENTRY

COMMENT

CATEGORY

ARCIVE

Blog People


BUCK-TICK TrackbackPeople

LINK

Anoter Links

  

dot1 dot1

listスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

コメント投稿フォーム

COMMENT:


NAME:

SUBJECT:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot1 dot1
dot1 dot1
dot1 dot1
dot1 dot1

list天使のリボルバー

天使のリボルバー(初回生産限定盤)(DVD付)
BUCK-TICK
BMG JAPAN (2007/09/19)
売り上げランキング: 19

というわけで、届いたですよ。
昨日、ポスカ欲しいが為にYに協力させようかと書きましたが。
くれるという方がいらっしゃって、貰える事になりました。
ありがとーぉ!!おいちゃーぁぁあん!!(それ、やめようよ)
あ、すみません。ありがとうございます、Tさん。ホント、感謝します。
はい、おすそわけもどうもありがとうございます。
血管にとても食い付きました。あれは、是非とも欲しいと思います。
やはり、櫻井敦司の手は石膏で型を取って鑑賞したいです。(真顔)
というようなやりとりを真夜中にやるもんじゃないと思います。(お前が言うな)

んで、まぁ、聴いてるわけですよ。(現在進行形)
あ、その前にDVDのメイキングだけ観ました。(おい)
とりあえず、「ヒデ、違和感ないんじゃない?」という今井寿の声は聞き逃しませんでした。
・・・今井さん、それはあれですか、似てるとかいう事ですか。
それは言っちゃいけないと思うの!(お前もな)
あと、今井さんの携帯の色が衝撃的でした。
いや・・・別に普通だと思うんですけど、えぇ、思うんですけど。
派手だなぁとね・・・うん、あれは派手だと思うんだ。
あとはそうだな・・・ポテロングが気になったかな。(何故だ)

というわけで、感想いってみよー。
*
まだ聴き込んでないので、ありふれた感想だと思いますが、読みたい人だけ読むといいです。

01.Mr.Darkness & Mrs.Moonlight  作詞:今井寿 作曲:今井寿
なんだか、こう、ダークな感じですね。
というか、沈んだ感じ?あぁ、言葉が上手くみつからない。
サビにいくまでの、暗いような決して明るくはない感じが良いですね。
あーソラミミしてた。「魔王の角」が「魔法の角」に聴こえた。
なんだ、魔法の角って。魔王の角ならわかるわ、うん。
あと「地獄のように」が「シルクのように」に聴こえた。
とんだソラミミだな。(今更だけどね!)

つか、なんつーか、誘惑みたいな感じがちょっとした。
あー、なんか納得した。(何が)
今井さんが書く歌詞は、なんというか、色々と入り乱れてて面白いと思う。(何この感想)

02.RENDEZVOUS~ランデヴー~ 作詞:櫻井敦司 作曲:今井寿
なんというかね、この曲って最初聴いた時は、「うわ、なんだ。この明るい曲は」と思ったんですよ。
でも、何回も聴くうちにジワジワと良いなぁと思ってきた曲なんですよね。
なんというか、晴れた日に聴くと気分がよくなるというか。
あと、すごく現実味がある歌詞のように感じで、ジワーッとくる。
それと、この曲はライヴで聴くともっと良いと思う。
フェスの時もそう感じたし、ツアーの時も思いました。
これは地味に幸せな感じになる曲だなー。

03.モンタージュ 作詞:今井寿 作曲:今井寿
モンタージュモンタージュ!!
今だ、この作詞が今井さんだというのに衝撃がなくなりませんが。(何)
しかし、これはツボです。どストライクでツボです。
ギターもツボなら間奏のベースもツボだし、歌詞もツボです。
あぁ・・・これは良い。これは良すぎる。
ライヴでの「Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah!」のトコの一体感みたいな、お客さんも一緒な感じとかも好きだし。
あぁ、これはもう、またライヴで観るのが楽しみです。
つか、もうこれは本当に、歌詞がどストライクで好きなんですが!
あぁ・・・なんて言えばいいんだろう。
とりあえず、これは大好き!!

04.リリィ 作詞:今井寿 作曲:今井寿
なんとも明るい。というか、サビだけ聴いてたからか。
あぁ、これはなんというか、情景的にも爽やかだ。
映像にしたら綺麗だろうなぁー。単調な感じでも綺麗な感じがする。(映像として)
まぁ、それは好みの問題なんですけども。
しかし、やっぱ今井さんの書く歌詞っていうのは、どこか抽象的だけども、しっかりとその光景は目に浮かぶ感じだなぁ。
あぁ、こういうの嫌いじゃない。嫌いじゃないよ。
というか、若干、愛が溢れ過ぎているけどもな!
いや、最近はそういうのも好きよ。うん、これは嘘じゃなくて。

05.La vie en Rose~ラヴィアン・ローズ~ 作詞:櫻井敦司 作曲:星野英彦
えーと、自暴自棄の男の人ですか?(歌詞読んだ感想)
というか、切り裂きジャックとかも浮かんだんですが。
まぁ、これは違うな。うん、これは違うわ。
つか、なんだ、おい。今回の星野曲はどことなくエロくないか?!
あ、なんかね、皮肉ってる感じがしますね。
人生はバラ色 何て素晴らしい」とあるけど、でも、「なる様になれ」とあるし、皮肉ってる感じがする。
なんというか、絶望とまではいかないけど、人生は素晴らしいと鼻で笑ってる。
本当は人生は素晴らしいと思ってないって感じな詞。
いや、まぁ、歌詞の中での印象です。はい。
あぁ、もうマリーとくれば町田マリーが浮かんでしまう!!(関係ないかと思います)

06.CREAM SODA 作詞:櫻井敦司 作曲:星野英彦
えー、本当に最初に聴いた感想を書いていいですか。
櫻井敦司はおかしくなったのかと思いました。
・・・いや、あの、衝撃的すぎます。
なんですか、この歌詞は。全力でツッコミたくて仕方ないんですが!!
いや、ちゃんと聴くと好きなんですよ。結構、これが好きなんですよ。
まぁ、一部にはどうしてもツッコまずにはいられませんが。
それでも、よくよく歌詞を読むと、「あぁ、そういうことか」と納得しますよ。
まぁ、よくよく歌詞を読んでも、衝撃度は減少しないんですけどね。
あと、橙色レンジに似てると思ってしまった私は死ねばいい。
いやー、ちょっとね。ちょっと似てると思ったんですよ。
それはともあれ、これをライヴであっちゃんが唄うかと思うと、今からどうしていいかわかりません。
つか、「歌ってアイスクリーム」てなんぞ。
というか、もうとろけてしまえばいいと思うよ。(ごめんなさい)

07.RAIN 作詞:櫻井敦司 作曲:今井寿
これはきっと気のせい。これは気のせい。(何)
あぁ・・・ダメ、これはダメ。ちょっと諸事情によりこれはダメ。
とかまぁ、そんな事は置いといて。
ちょっとだけ、歌詞の感じが幻想の花を思い出した。(ほんのちょっとだけ)
というかさ、普通に良い曲と思うんですけど。
歌詞も普通に良い。なんの凝った世界観でもないし、純粋に良いと思う。
歌謡曲っぽいという感想がどこかにあったんですが、これはまさに歌謡曲っぽい。
サビのとこなんてそんな感じがすごくすると思う。
このあっちゃんの声、すっごい好きだなー。
Sing in the rain.のとことか、すっごい好きだ。
ギターも良すぎるなー。ジワジワっとくる。

08.BEAST 作詞:櫻井敦司 作曲:今井寿
とりあえず、「敦司おちつけ」と言いたい。(は?)
つか、RAINの次にこの曲を持ってくるかと。
なんだろう、凄いよね、この真逆な感じが。
でも、ある意味、あっちゃん得意な感じなのか。
だって、エロスとタナトスだもの。(それだけでか)
これ、所々の今井さんのコーラスがいいなぁ。
こういう曲には今井さんのコーラスがよく合うと思う。
これ、ちょっとアニメのOPとかに合うんじゃないかと思った私がいる。
すみません、これは読まなかったことにしてください。

09.絶界 作詞:櫻井敦司 作曲:今井寿
無常だ」というところだけで、祇園精舎が出てきた私は馬鹿だろうと思う。
なんつーか、あれですね、ひどく日本的な感じがしますね。
あー、花いちもんめとかそんな感じ。(安易だなー)
あれだな、どろどろとした感じだな。(なんかそれは違うような気が)
つか、何故か絶壁が思い浮かんだんですが。
サスペンス劇場とかどうだろう。(黙れ)
アコギが良いなー。
今、突然、メキシコが浮かんできた・・・どうしたんだ、オレ。(ホントにな)

10.Snow white 作詞:櫻井敦司 作曲:星野英彦
切なー・・・。何、この切なさ。
CREAM SODAのコンビだとは思えませんね。(一応、褒めてますよ)
あー・・・これ、なんか、ちょっと、あっれ・・・。(何)
つか、これは物語的な歌詞ですね。モノクロの映画だな。
君の頬に」のとこの頬にって高くなるとこが良い。
これは色々と膨らむ感じで、良い歌詞だと思います。
というか、壮大な感じだするな。
こういうのも、どストライクで好きなんだよなー。
侮れない、侮れないはあの人たち。(おい)

11.スパイダー 作詞:櫻井敦司 作曲:今井寿
えっと、歌詞読むと凄いですね。
え、つか、あっちゃんどうした。あっちゃん、どうしたんだ。
いや・・・これこそが櫻井敦司か。そうだった、これこそが櫻井敦司だったな。(何)
あ、でもね、これライヴで聴いた時から思ってたんですけど、「あんたの願いなら 叶えてあげたいけど」がすっごい好き。
あっちゃんの歌い方も歌詞も好き。これは初めて聴いた時から思ってた。
この曲だったっけ、最初のギターのとこでヒデさんにスポットライト当たるの。
それが格好良くって堪らん。英彦ぉぉおおお!!(どうした)
あー、「天井裏スパイ 愛」のスパイ 愛ってスパイダーに掛けてんのか。
つか、そんなの多いな、おい。

12.Alice in Wonder Underground 作詞:今井寿  作曲:今井寿
アルバムを通して聴くと、この曲が普通に聴こえるから怖いな。
単体として聴いた時には、濃い曲だなぁと思ったんだけど、このアルバムの中だとあんまり濃いという感じがしない気がします。
つか、あんまりまともに聴いた事がなかったので、今になって普通に好みの曲だなと。
まぁ、シングル届いたのが今日だったんでね。(一括配送ですので)
ギターいいよ、これギターすっごい好き。
そして、合間に聴こえるベースがすっごい良い。
こんなにツボな曲だとは思わんかったー。

13.REVOLVER 作詞:櫻井敦司 作曲:今井寿
これ、某所で初聴きした時に思ってたんですけど、コーラスの声が女の人じゃない気がしてたんですよ。
そんで、ギター・マガジンを立ち読みした時に、これのコーラスはカウンターテナーの人にしてもらったみたいな事が書いてあって、もしかしたら、セリアさんかなぁと思ったら、やっぱりセリアさんでしたね。
なんか、ちょっと嬉しい。(何がだ)
これを最後に持ってくるとは、なかなか面白い。
なんというか、こういう曲は中盤あたりに持ってきそうなイメージがあって。
それを敢えて最後に持ってくるとは。
でも、最後の辺の感じだと、最後に持ってくるのも分かる気がします。
つか、これ、コーラス良いなぁ。こういうの好き。
全体にあるコーラスが好きだなぁ、これ。
撃て!」ってとこも良い。
この、セリフみたいに言ってるのがまた良い。
というか、この曲は初聴きした段階から好きだと思ってた曲でして。
曲自体も凄く好みだし、歌詞もツボにハマッてるし。
いやー、これライヴで観るのが楽しみだなー。


といったような感想です。
なんというか、これをライヴでやるというのが、本気で楽しみ。
ただ、ホールという事で、若干の不安というか、気にかかる部分はあるけど、でも楽しみです。
今週から始まるんでしたっけ?ツアーって。
まぁ、私が行くのは来週のパルテノン多摩が最初なので、アルバムを聴きこむことにします。
あぁ・・・楽しみだなぁー!すっごく楽しみ。
あとはグッズがどれだけ出るとか、そこら辺が気掛かりだわ。(結局そこか)
あ、そういえば、早速CDケースにヒビが入りました。
あのクソ取りにくいCDを取り出そうとして。真ん中にヒビがね。
いいんだよ、別にいいんだよ、2枚買ってるし。
うん、本当、うん、まぁ、ちょっとムカつくけどな。(満面笑顔)

全然これとは関係ないけど、今、フェスTシャツを寝巻き代わりにしてるんですが。
あの、ライトピンクですよ、えぇ。ライトピンク。
それを見た父に、「血迷ったか」と言われました。
酷いと思いませんか。「うっさい!!」と返しときましたが。
悪かったな、ピンクって柄じゃなくて。
・・・というか、元からピンクなんか着ないんだけどさ。
買っちゃったんだよ、買ってしまったんだよ・・・。
あれだ、気の迷いってやつだ。(真顔)
感想諸々09.19(Wed)22:40コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

コメント投稿フォーム

COMMENT:


NAME:

SUBJECT:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot1 dot1
dot1 dot1
dot1 dot1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。