[PR] 即日融資 +密室ミカエリス
» HOME  » ALL ENTRY  » RSS  » ADMIN

AUTHOR

和規

■Author:和規
◇BUCK-TICKが好きで、毎日聴いても飽きない。
◇櫻井敦司が大好きであります(敬礼)
◇一歩間違わなくても変人らしい。
◇誕生日がアニイと2日違いの年女+10。
◇面白ければ何でもいい精神です。
◇ネタはネタとして頂きます。



【櫻井敦司バトン】を作ってみたよ。


Twitterを始めたよ。

ENTRY

COMMENT

CATEGORY

ARCIVE

Blog People


BUCK-TICK TrackbackPeople

LINK

Anoter Links

  

dot1 dot1

listスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

コメント投稿フォーム

COMMENT:


NAME:

SUBJECT:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot1 dot1
dot1 dot1
dot1 dot1
dot1 dot1

listBUCK-TICK 「memento mori tour 2009 -REBIRTH-」 at ZEPP TOKYO 2009.10.11

皆様、お元気ですか。如何お過ごしですか。
私は眠いです。ひたすら眠いです。

さて、11日のライヴのレポを書こうかと思います。
なんか、ライヴ前はTwitterにつぶやいてたりしてただけです。
特に変わった事はしてませんでした。
あぁ、I LOVE B-T Tシャツ(黒)を着ていきましたね。
そして、叔父上のためだけにスカートを穿いていましたね。
まぁ、番号が2300番台だったのでね・・・問題はありませんでした。

というわけで、さくさくとライヴのレポ(感想)を書きましょうか。
じゃないと、昨日のライヴを忘れるからね!
これからライヴ行かれる方でネタバレ嫌な方は回避ですよー。
*
セットリスト。

SE
1.Les Enfants Terribles
2.スズメバチ
3.勝手にしやがれ
4.モンタージュ
5.MOTEL 13
6.アンブレラ
7.Coyote
8.キラメキの中で...
9.Lullaby-III
10.Memento mori
11.Jonathan Jet-Coaster
12.LIMBO
13.BUSTER
14.天使は誰だ
15.真っ赤な夜 -Bloody-
EC-01-
16.地下室のメロディー
17.極東より愛を込めて
EC-02-
18.Alice In Wonder Underground
19.REVOLVER
20.HEAVEN


衣装。
櫻井→いつもと変わらず。パーマをしたらしく、髪の毛が凄かった。
今井→ヒョウ柄ジャケットに黒のタンクトップ。パンツはなんかあまり見えなかったけど、今井さんのブログに足元の写真があるのと同じ。
星野→広島で着てたのと同じスーツだと思う。
樋口→黒のスーツ。広島と同じ。で、携帯公式のブログでは今井さんから頂戴したアクセしてたようです。
アニイ→赤坂2日目と同じ。ナポレオン時代のような衣装。

開演は18時10分頃。
PA卓から少し離れた所から観ておりました。
前に人がいたから、クリアに観えたのがあっちゃんとヒデさんだけでした。
もう、あまり最初がどうだったかという記憶がございません。
なので、もう曲の話を書きます。
Les Enfants Terriblesの今井さんパートの時にハウッてました。
キーンとして「折角の今井さんパートが・・・」と思ってたのですよ。
で、多分、その後のサビの部分だったような気がするのですが、あっちゃんが会場にマイクを向けようとしたら、マイクだかマイクスタンドだかが飛んでました。
ゴトッって音がしてたから、マイクかしら。しかし、初っ端からそんな事になるとは。
音がした瞬間、あっちゃんを観たらあっちゃんが後ろを振り返ってて、「なんか飛んだんだ」と思ってたのです。
この曲の時、あっちゃんのジャケットの右袖が捲れたか、自分で上げたのかわかりませんが、途中でそれをあっちゃんは直しておりました。
ここら辺で観てて思ったのですが、パーマをかける事によって顔がシャープに見えて、とてもあっちゃんが格好良かったです。
そして、とても素晴らしかった・・・!

スズメバチでのあっちゃんは一度もスピーカーに跨ってませんでした。
むしろ、立ったままでのパフォーマンスはある意味、とても卑猥でございました・・・。
いや、なんていうか、とても素晴らしのだけど、その・・・卑猥度がUPしているように観えたというかですね。
というか、その動きは直球すぎね?という感じもあってね・・・。
なんだろう、あの人は本当に凄いよね。(何が)
この曲の時だったか、マイクスタンドを持ってそれを会場に向けていたように思います。

勝手にしやがれでは「ここは私のステージさ」でステージを指差してたり、「一緒に踊ろう」で会場に手を差し出しているような動きをしてました。
ここが私の墓場さ」で十字を切ってましたねー。
そうそう、「触れてみな 熱いだろう アタイのハートさ」の時に中央の前でしゃがんで、ジャケットを肩まで脱いで左手で胸を触ってました。
で、確かこの曲だと思いますが、最後に帽子ナシで帽子を被っているようなポーズをして横を向きながらLullaby-IIIでやるような動きをしていたと思います。
曲終わりで「こんばんは。今夜は来てくださってありがとうございます。最後まで楽しんでください」というような事を言っていました。

モンタージュの記憶が一切ない・・・。
メモにも書いてないし、本当に抜けてるなぁ。

MOTEL 13のイントロの時、ヒデさんが地味に間違えていました。
「あれ、何か違う・・・」と思ってたんですが、演奏は終わる事なくそのまま続行。
まぁ、聴いていた感じだと若干音が低い音に聴こえて、違和感があったといいますか。
ヒデさんはしれっとした顔でそのままギターを弾き続け、間奏になると中央あたりに出て弾いてました。
その姿を観て、「最初にギター間違ってて出てきても決まらないよ・・・英彦!!」と思っておりました。
いやー・・・相変わらず、ギターを弾くヒデさんは格好良いのですけどもね。

アンブレラの前にあっちゃんがジャケットを脱いで、曲が始まったらジャケットを使って、雨を遮る様な感じで頭の上に被ってたというか、両手で持っていたのだけど。
洋服で雨に濡れないようにするという感じですよ。
で、歌に入ったらジャケットを肩に掛けて唄っていました。
それが個人的に凄く良かったです。腕が観えて、その対比というか、それが物凄く良かった。
今考えながら思ったのだけど、あっちゃんのソロライヴの時にも似たような場面があったような。
・・・いや、もうライヴDVD観てないし、うろ覚えだけど。
背中に生えた折りたたみ式」で腕をカクカクしてましたね。
で、この曲の最後にジャケットを上に投げてました。

Coyoteの前に何か言っていたのですが、音が割れてたというか、この時のライヴでは大体そんな感じだったので、あまりよく聞き取れませんでした。
「~の○様も大好きな曲です」とか言ってて、後からお知り合いさんに聞いたら、「猫の神様」とか言ってたらしい・・・。
聞いた時は「えー。そうでしたっけ?」とか言ってたんだが、某所でもそのように聞こえたと書いている人が多いとなると、ホントにそう言ってたのか。
というか、そしたらCoyoteの歌詞の内容が余計に切なくなってくるんだが・・・。
そうそう、手拍子はとても綺麗でした。
「あぁ、綺麗に揃ってるなぁ」と思っていたのです。

キラメキの中で...で羽マフラー。
腕とあの羽マフラーの絡まり具合とか本当にいいよね・・・!!
というか、観ながら「あっちゃん、本当にドレス着れば良いのに」と思っていました。
確か途中からあっちゃん専用照明を点けて、それに照らされながら唄っていたと思います。
消す時は自分の顔に照明を当てながら(上を向いている照明にあっちゃんが顔を出しているような)、消していたと思います。

Lullaby-IIIでは羽マフラーと共に帽子を被った後、中央の段のところにずっと座って、お酒を飲む振りをゆっくりしてました。
それ以外の動きはなかったと思います。
というか、じーっと会場を見ている感じで、それがまた格好良かったんだぜ!
曲が始まると前にやってきて、唄ってたのだけどその時の印象があまりないのは何故なんだ・・・。
あれか、相変わらず格好良いなとか思ってたからなのか。
最後はタイミングを一緒にして、会場の方を向いて帽子を持って下を向いてました。(あぁ、説明が下手だ)
錆びた茜のカミソリ」のとこで右手でカミソリを表現していたのは覚えている。
あとは、ひたすらサビの部分の動きが素敵だぜとか思っていた。
それと「夜空を彩る様なシャガール」の部分のシャガールの歌い方が好きだと思っていたなぁ。

Memento moriの時、あっちゃんは中央の段の奥の方に立っていて、仁王立ちしておりました。
曲が始まると、ユータさんがあっちゃんに近寄って行き、あっちゃんがユータさんに向き合うようにした後、今井さん・ヒデさんのコーラスの時になったら、煽っていたと思います。
凄くノッてるなぁと思っていたのですよねー。
あと、間奏の時に踊るような動きをしたと思ったら、頭くらいの高さで両腕を上げたままで何したいのとか思ってました。
何か変な踊り(失礼な)はしてなかったと思います。

Jonathan Jet-Coasterでメモしている事が間奏の時にユータさんが前に出てきて、殆どすぐ帰った事しか書いてません。
ギター組は動いていたであろうに、記憶にないw
というか、今井さんは最初の曲の方で上手端に来てたなぁという事は覚えてたりしているが、どの曲だとかさっぱりです。
アルバムで一番好きな曲なのに、覚えてないとはどういう事なのかしらね。

LIMBOは毎回、超楽しいですね!
というか、個人的に今回のツアーで一番盛り上がっているのはこの曲なのではないかと思っています。
だって、超楽しいの。もう、すっごく楽しすぎて文字通り踊り狂いたいくらいなの。
・・・まぁ、しかし、自分の性格的にそれは無理なんですけどね。
えぇ、この曲であっちゃんがタンバリンを使っていたのですけど、最初は手で叩いてたのに歌に入ったらタンバリンは右腕に→叩こうとしたらマイク持ってるから叩けない→お腹で叩いてた。
という行動を見て、「そりゃねーよ、敦司ww」と思ってましたからね。
だって、お腹だよ?!お腹でタンバリン叩いてるんだよ?!
そりゃ、お腹なら痛さとか気にならなさとかあると思うけどさ!
それはどうなのよと思わずにいられなかったんだぜ。

BUSTERの最初に確かミニ拡声器を使っていたと思います。
で、サイレン鳴らしてた。
音が割れないようにだと思うのですけど、マイクから少し離して鳴らしてたと思います。
この曲の時にあっちゃんは歌詞の動作として穴を必死に掘っている動きをしますが、今回は違っていました。
確かに掘っているのだろうけど、それはどう観ても何かを引っこ抜いているような動きでした。
そして後々、その動きを思い出していたら、エアロビクスのような動きでもあったなと思ってしまいました。
・・・そう思った途端、面白くなるのは何故なんだろうな・・・。

天使は誰だの前に「次の曲は楽しんで」みたいな事をあっちゃんが言っていたと思います。
ジーザス」と唄った後に磔にされたように両腕を上げて、頭は下げている動作をしてました。
で、この曲の間奏であっちゃんが手拍子しますが、この時の私は何故かあっちゃんより先に腕上げて手拍子できた事に心の中で「勝った!」と思ってました。
後で勝ち負けじゃねぇし、いらねぇ優越感だなと思ってましたけどもね。
とりあえず、この時の会場の手拍子の素敵さは異常。
というか、毎回書いているように思いますが、あの手拍子の揃い具合がとても素敵です。
間奏終わりの「さあ 無限だ・・・・」のところは前屈みになって囁くような唄い方だったように思うのだけど、違ったかしら。
最後の掛け合いみたいなトコ(「愛 愛 LOVE LOVE」の繰り返し)では、あっちゃんは下手の方から上手に移動して行きながら、会場にマイクを向けていたと思います。
今井さんには近寄っていかなかったよ!

真っ赤な夜 -Bloody-の時のあの格好良さは異常だと思う。
全てが格好良い。照明もあっちゃんも他のメンバーも全てが格好良い。
しかも、会場の皆さんもサビになる前のあの素敵に揃った腕の上げ具合も格好良いと思います。
あっちゃんが曲の後半だったかで足をスピーカー(つかモニター?)に掛けて唄っていたら、今井さんとヒデさんがそこに近寄っていって中央に来ていました。
なんかこの3人の並びを久々に観たような気がするなぁ。
で、本編終了だったと思う。あっちゃん何か言ってたっけ・・・?

EC-01-はユータさんが確か上手に水を投げていたと思う。そこら辺が記憶にない。
というか、本編の最初の方はゆったり観れていたのだけど、途中で人が隣にきて視界が悪くなったり、ECに入ってから綺麗さっぱり今井さんしか観えなくなってたので、記憶がね・・・。
あとこの時、今井さんが水(ペットボトル)を1本だけ投げてたのだけど、それを綺麗にキャッチしていた人がいて、思わず「素晴らしい!」と思って拍手した。
あ、ヒデさんはジャケットは脱いで登場してたな。
で、あっちゃんが登場して曲に入ったのかな?
地下室のメロディーの途中(「さあ 帰ろう 冷たい地下室」)でミニ拡声器を使って唄ってました。
なんだか、この曲を聴いていると天使のリボルバーツアーの時のM・A・Dを思い出します。
あぁ、この曲の印象がこれしかない・・・。
なので次。

極東より愛を込めてで、この曲のイントロが始まると同時に赤い照明が点きますが、確かアニイのシンバルだかの音がしたと思ったら演奏が止まって、「えっ?」と思ってたら、最初っから演奏再開してました。
何があったのかよく分からないんですが、20秒だか30秒くらいは止まってたと思います。
一旦、照明が暗くなってからまた再開してたと記憶しているので、なんかあったのかー?と思ってました。
この曲だったと思いますが、あっちゃんが中央の段の奥にいて、そこにユータさんがまた近寄り弾いていたら、あっちゃんは今度はモニターだかに脚を掛けていました。
多分、ECの時の曲なのよねー。
確か間奏途中の「ねえ ママ」のとこは「ねえ ママ 抱きしめていて もっと強く」って唄ってたのですよ。
それくらいしか覚えてないですねぇ・・・。

EC-02-でユータさんは下手に水を投げ、その後に自分の定位置に戻る途中(今井さんのマイク前あたり)で、リストバンドを外して投げてから、お尻をお客に向けて触らせていたと思います。
アニイも水だか投げてたような気がするけど、FT Onlyの方のしか覚えてません。
で、今井さんが登場すると手に持った携帯で下手→中央→上手という感じで写メ撮ってました。
というか、その時間があまりにも長かったんだぜ!w
「え、まだ撮ってんの?」と思うくらいに長かったんだ。
そんで、途中で今井さんが何かしたらしく、会場がそれに反応。どうやら、「もっと盛り上がれ」的な動作をしたらしいです。
そして、今井さんに気を取られていて、あっちゃんが登場しているのに気付かなかった・・・!
あっちゃんファンなのに不覚!!
そして、Alice In Wonder Undergroundだったわけですが。
私は一切気づかなかったのですが、イントロが始まりあっちゃんが唄いだして、ふと今井さんを観るとギターを弾いていない。
腕をもうブラーンとして弾く素振りもしてない。
「あれ?」と思っていると、段々と演奏が尻すぼみのように止まっていて、あっちゃんはその少し後も唄ってました。
どうやら、ユータさんが間違えてたらしく(?な顔をしてたらしい)、それに気付いた演奏組は演奏を止めたようです。
あっちゃんは何が原因か分かってなかったらしくて、ヒデさんの方を見て「え、俺のせい?」と自分の方を指差してたそうです。
その後にユータさんが「違う!違う!」みたいな感じで手を振っていたらしいよ。全然、観えてなかったけど。
その時の演奏が止まった瞬間、会場内は物凄い歓声。
ミスを喜ぶとはSよのうとか思いつつ、まぁ、私もハプニング起こったと喜んでましたが。(おい)
で、あっちゃんが「もう一回、いってみよ」みたいな事を言って、再びAlice再開。
ちなみに携帯公式のユータさんのブログにはそれっぽい事が書かれております。
ここら辺はあまりメンバー観れる位置にいなかったので、ひたすら楽しんでいるだけでした。
で、曲終わりに「ありがとう」って言っていたと思います。

そして、REVOLVERです。
やはり、2番目の歌詞でマイクスタンドを担いでおられました。
本当にこのマイクスタンドを担ぐというのはお決まりになったようですね。
あぁ、確かヒデさんのコーラスをチラッと観たような気がする。
曲が終わって、あっちゃんが「まぁ、色々ありましたが、ああいうアレンジです。今夜はありがとう。最後まで楽しんでください」みたいな事を言ってから最後の曲でした。
これを聞いた時、「アレンジなら、最後まで演奏してから言ってくれ!」と思ったのですよね。

で、最後にHEAVENです。
この曲がライヴの最後というのがとても久し振りな気がします。
というか、これって前回ツアーの川口以来だな、私。(iTunesのプレイリストを見てみた)
相変わらず、落ち着いて観れる曲だな。
あ、そしてこの曲だと今井さんはずっとギターをかき鳴らしますが、今回もそうでした。
そして、あっちゃんが「ありがとう」とか言ってたと思うのですが、その後ヒデさんが帰り、ユータさんがあっちゃんのマイクではなくヒデさんのマイクで「東京大好き!また来ます!」とか言って帰っていってました。
アニイも何か言ったんですが、よく聞き取れませんでした。
とうとう、ユータさんはあっちゃんのマイクで喋るのを諦めたのかと失礼な事を思ってました。
まぁ、本当は今井さんのマイクで喋る方が帰りやすいと思ったのですけど、ずっと今井さんはギター鳴らしてましたしね。
で、まぁ、結構な時間、今井さんはギターを鳴らしていて、残響と共に帰っていきました。

そんな感じです。
なんかいつもよりちゃんと書けてない気がしますねー。
あ、以下どこでやったとか覚えてない事ですけど。
◇あっちゃんは今回は結構、端の方へ来ていたと思う。それでも、下手がやはり多かった気が。
◇ヒデさんは上手の前には出てくるけど、端まではあまり行ってなかったように思う。
◇今井さんは下手も上手もよく行っていたような印象。
◇今回は今までが嘘のようにあっちゃんが喋っていたわけですが、曲の終わりでよく「サンキュー!」って言ってました。
とこんな事ぐらいです。
今の頭の大半の記憶は昨日のライヴを覚えている事に必死で、この日のライヴの記憶が殆どなくなってしまいました。

この日の帰りはさくら会でご一緒させていただいたりした方と一緒に帰ったのですが、その時、名古屋でのあっちゃんについて聞いたりしてました。
名古屋でのあっちゃんは口紅までしていたそうで・・・。
次の京都ではそうではなかったようですけど、名古屋と京都の違いはなんだったのでしょうね。
不思議だぜ、名古屋。(おい)
そういえば、カメラが入ってたのですけど、これはDVD発売フラグでしょうかね。
私としては、12月に発売予定の前回のツアーと一緒に発売してくれる事が良いなぁと思うのですけど。
別々に出されるよりは一緒の方がいいじゃないですか。
それに、ホールとスタンディングとの違いというか、それは観てて面白いだろうなぁと思いますし。
まぁ、そんな感じで、次はFT Onlyのレポ書くぞー!!
ライヴレポ10.13(Tue)15:12コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot1
dot1 dot1

コメント投稿フォーム

COMMENT:


NAME:

SUBJECT:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot1 dot1
dot1 dot1
dot1 dot1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。